活動内容

最近の活動

2021年度臨時総会・第15回研究大会を開催します

平素より日本危機管理防災学会の諸活動にご協力をいただき誠にありがとうございます。当学会は、2021年10月23日(土)「2021年度臨時総会・第15回研究大会」をオンライン開催いたします。会員の皆様のご参加をお待ち申し上げております。




参加申込





以下のフォームからお申し込みください。申込時のメールアドレスに、ZOOMのURLをご案内いたします。





★定員に達したため、申し込みは終了しました。





プログラム





「2021年度臨時総会」
日 程 2021年10月23日(土)13時20分~13時30分
議 題 理事の新任及び退任
オンライン開催(ZOOM)





「第15回研究大会」
日 程 2021年10月23日(土)10時~18時
参加費 無料
オンライン開催(ZOOM)





◆開会挨拶 10時00分





◆共通論題 10時10分~12時30分
「新型コロナ対策における国・地方の役割分担と対応力の強化」
報告者:
・岡部信彦(川崎市健康安全研究所)
「ポストコロナ時代における公衆衛生・感染症対策にかかる行政体制の再構築
 ―保健所のあり方と都道府県の権限を中心にして―」
・原島良成(熊本大学)
「公衆衛生行政「災害モード」の分権適合性」
・縄田敬子(埼玉県保健医療部保険医療政策課)
「埼玉県の新型コロナ対策における保健所の体制について」
・和田一郎(花園大学)
「保健所のcovid-19への対応から見た感染症業務の課題」
司会者:幸田雅治(神奈川大学)
討論者:真山達志(同志社大学)





◆昼休み 12時30分~13時20分





◆分科会Ⅰ・Ⅱ 13時30分~15時30分





分科会Ⅰ「複合災害に備える「流域防災」と「複眼的危機管理」の発想」
主題解説:中林一樹(明治大学)
基調報告:
 第1報告 池内幸司(東京大学)
「近年の豪雨災害の教訓と流域治水の展開」
 第2報告 小池洋恵(株式会社クロスカルチャー)
「「命を守る」
 避難行動要支援者の逃げ遅れの課題」
 第3報告 山城裕慈(株式会社クロスカルチャー)
「「命を守る」
 情報化社会と「共助:防災を基盤とした新たなコミュニティ」
 自然から学ぶ「自助:個人の防災スキルの原点」」
 第4報告 加藤孝明(東京大学)
「防災の根幹問題と災害時自立(生活)圏~複合災害にも備える~」
討  論





分科会Ⅱ 「危機管理士1級セッション」
司会・討論: 市川宏雄(日本危機管理士機構理事長)
報 告 者:
・山﨑淳一郎(岡山大学)
「コロナ禍での研究BCPの取組と大学経営戦略としてのERM」
・野田明(富士通株式会社)
「路線バス搭載カメラによるAI を用いた法面異常の予兆検知」
・吉江直樹(東日本電信電話株式会社)
「危機管理士から視た、メディアに代わる情報収集の課題」





◆分科会Ⅲ 15時45分~17時45分





分科会Ⅲ「新型コロナにおける民間企業の対応」
司会・討論 児玉博昭(白鷗大学)
問題提起 市川宏雄(明治大学)
第1報告 梶尾詩織(SOMPOリスクマネジメント株式会社)
「リモート環境でのハラスメントとコミュニケーション」
第2報告 染谷朝幸(株式会社日建設計)
「リモートワーク・社内BCP コロナ禍での対応と再発見について」





※1 懇親会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、中止といたします。ご理解、ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。





※2 上記予定は、予告無く変更になる場合がございます。あらかじめご承知おきください。





以 上


シンポジウム「複合災害(水災害×地震災害)に対する事前復興の取組み」を開催しました


当学会は、2021年9月2日(木)シンポジウム「複合災害(水災害×地震災害)に対する事前復興の取組み」を開催しました。 本シンポジウムは想定を上回る大勢の方にご参加いただき、大変ご盛況をいただきました。 なお、定員オーバーで入室できなかった方々も多々いらっしゃることと存じます。当日の様子につきまして、以下みらクルTV - YouTubeに公開されておりますのでご視聴いただければ幸いです。






https://youtu.be/-EYHGLQ8jpI




1.シンポジウムの背景と目的
本シンポジウムは、迫りくる首都直下地震とともに、激甚化・頻発化する水災害との同時発生による複合災害を視野に入れた 「事前復興」のあり方を共有します。また、流域治水のみならず、流域を複合災害に備える防災単位と捉え、地震防災にも広域で備える「流域防災」の可能性について、DX (デジタル・トランスフォーメーション)の取組みを含め、多面的に話題提供を行います。
そして、複合災害に対する事前防災と、その目標像としての事前復興について、知識を高めることを目的としています。





2.概要
※チラシは、以下、「首都防災ウィーク公式サイト」をご参照下さい。
https://shutobo.net/?p=835





1)主催及び後援、事務局:
主催:日本危機管理防災学会、事務局:(株)オリエンタルコンサルタンツ
2)実施日時:令和3年9月2日 (木) (防災月間期間)14:00-17:00
3)実施方法:Zoom
4)定員:300名(事前申し込み不要、先着順)
5)タイムスケジュール及び登壇者:
14:00-14:02(2 分):開会挨拶 市川宏雄 日本危機管理防災学会会長
14:02-14:05(5 分):趣旨説明 中林一樹 東京都立大学名誉教授
【Ⅰ部 水災にも震災にも強い防災まちづくりと事前復興の可能性―葛飾区―:60分】
14:05-14:35(30分):情野正彦 葛飾区都市整備部部長 
「葛飾区における二つの防災まちづくり(地震・水害)について」
14:35-15:05(30分):加藤孝明 東京大学生産技術研究所教授/東京大学社会科学研究所特任教授
「トータルに備える「防災【も】まちづくり」」
【Ⅱ部 「流域治水」から水災・震災に備える「流域防災」への展開:60分】
15:05-15:35(30分):早川潤 国土交通省関東地方整備局荒川下流河川事務所所長
「流域治水による持続可能な首都東京のまちづくり」
15:35-16:05(30分):中林一樹 東京都立大学名誉教授
「水害に備える流域治水から複合災害に備える流域防災への展開」
【Ⅲ部 全体討論 複合災害時代に備える「事前防災」、「流域防災」、「事前復興」の展望:50分】
16:05-16:55(50分)
・コーディネーター兼パネリスト:中林一樹 東京都立大学名誉教授
・パネリスト:
加藤孝明 東京大学生産技術研究所教授・東京大学社会科学研究所特任教授
早川潤  国土交通省関東地方整備局荒川下流河川事務所所長
情野正彦 葛飾区役所都市整備部部長 
・論点:
◆論点1 複合災害に備える「複眼的事前防災」の可能性
葛飾区の取組みから展望
◆論点2 複合災害に備える「流域防災」の課題と可能性
都県・市町村連携による水害対策と震災対策の展開
◆論点3 複眼的都市防災と流域防災による「事前復興」の可能性
都県区域マスタープラン・市町村都市マスタープランへの事前復興ビジョンとしての展開
【閉会挨拶:5分】
16:55-17:00(5 分) 閉会挨拶 野崎秀則 (株)オリエンタルコンサルタンツ代表取締役社長


「2021年度通常総会・第49回定例研究会」を開催しました


当学会は、2021年8月2日(月)「2021年度通常総会」及び「第49回定例研究会」をオンライン開催しました。





「2021年度通常総会」では、2020年度決算報告及び2021年度予算案について審議され、ご承認いただきました。





「第49回定例研究会」では、内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(調査企画担当)付企画官の髙畑栄治様をお招きし、災害対策基本法の改正に伴う避難情報の見直しと広域避難についてご講演いただきました。当日は60名を超える会員の参加がありました。昨今、気象災害が増加傾向にあることから、法改正に併せてどのように対応すれば良いのかなど、闊達な質疑応答が行われました。ご講演いただきました内閣府、ご参加いただきました会員の皆様に厚く御礼申し上げます。









■日 程:2021年8月2日(月) 18:15~20:00





「2021年度総会」(18:15~18:30)
■議 題:2020年度決算、2021年度予算





「第49回定例研究会」(18:30~20:00)
■講 師:内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(調査企画担当)付企画官 髙畑栄治様
■テーマ:災害対策基本法の改正(避難情報の見直しと広域避難)





以上