活動内容

最近の活動

2019年度臨時総会・第13回研究大会を開催しました


当学会は、2019年10月26日(土)「2019年度臨時総会・第13回研究大会」を開催しました。当日は60名を超える方々にお越しいただき、熱心な議論が交わされました。ご参加いただいた会員の皆様には厚く御礼申し上げます。





ポスター(PDF)




プログラム(確定版)





「2019年度臨時総会」





日 程 2019年10月26日(土)13時20分~13時25分
会 場 明治大学駿河台キャンパス 12号館10階2103教室
議 題 理事の改選ほか





「第13回研究大会」





日 程 2019年10月26日(土)10時00分~18時00分
会 場 明治大学駿河台キャンパス 12号館10階
参加費 無料、事前申込優先





◆開会挨拶 10時00分





共通論題 10時10分~12時30分
 「情報セキュリティの現状と課題」 (会場:2103教室)
コーディネーター:市川 宏雄(日本危機管理防災学会会長)
パネリスト:
・結城 則尚(内閣サイバーセキュリティセンター・内閣参事官)
 「重要インフラ防護におけるセキュリティの視点」
・原田 智(京都府 情報政策統括監(CISO))
 「自治体の情報セキュリティ対策―セキュリティクラウドの取組―」
・大日向 隆之(三菱UFJフィナンシャル・グループ フェロー グループDeputy CISO)
 「金融インフラを取り巻くセキュリティ上の脅威と対応態勢」





分科会Ⅰ・Ⅱ 13時30分~15時30分





分科会Ⅰ「無人走行自動車の来たるべき未来−2020後に向けて−」(会場:2102教室)
パネリスト:
・佐治 友基(SBドライブ代表取締役社長)
 「自動走行運転とはどういうものか」
・柴山 将一(弁護士・明治大学自動運転社会総合研究所 特任主席所員)
 「現状の法制度と法整備の課題と今後」
・吉田 直可(弁護士・明治大学自動運転社会総合研究所 特任主席所員)
 「「自動運転車のもたらす未来」と危機管理」
コーディネーター:中山 幸二(明治大学専門職大学院法務研究科・専任教授)





分科会Ⅱ「地区防災計画の現状と課題」(会場:2103教室)
コーディネーター:中野 明安(弁護士・丸の内総合法律事務所)
パネリスト:
・加藤 孝明(東京大学生産技術研究所・教授)
 「地区防災計画づくりの経験の共有:到達点と課題」
・柏木 真琴(内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(普及啓発・連携担当)付参事官補佐)
 「地区防災計画制度について」
・庫川 尚益(墨田区災害復興支援組織 代表)
 「地域の専門家組織による地域防災活動」
討論者:室﨑 益輝(兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科長)





◆分科会Ⅲ・Ⅳ 15時45分~17時45分





分科会Ⅲ 「災害廃棄物対応の現状と課題」(会場:2103教室)
基調報告:福永健一郎(環境省 環境再生・資源循環局 災害廃棄物対策室)
     「環境省における災害廃棄物対策の推進について」
報  告:塚田 泰久(東京都 環境局 資源循環推進部計画課)
     「東京都の災害廃棄物処理計画について」
討  論:中林 一樹(首都大学東京名誉教授・コーディネーター)、報告者、フロアー
 ①提案:鈴木 達雄(人工海底山脈研究所代表)
     「災害廃棄物の資源利活用ー鉄筋コンクリート片で漁礁づくりー」
 ②討論:大規模災害時の廃棄物処理体制と支援
     被災自治体の初動対応
     災害廃棄物の処理のあり方 等





分科会Ⅳ 「危機管理士1級セッション」(会場:2102教室)
パネリスト:
・深田 秀実(小樽商科大学)
・藤倉 忠光(一関市)
・山崎淳一郎(北海道大学)
・渡辺 愛彦(三菱ケミカルリサーチ)
コーディネーター:市川 宏雄(日本危機管理士機構理事長)





◆懇親会    18時00分~19時30分
 会場:ナポリの下町食堂 お茶の水店
 会費:4,000円(当日、受付にてお支払いください。)


シンポジウム「土砂・水災害への備え」を開催しました


当学会は、2019年9月27日(金)にシンポジウム「土砂・水災害への備え~要配慮者利用施設における安全確保に向けて~」を開催しました。 当日の出席者は、271名でした。出席された皆様には、厚く御礼申し上げます。





■日程 2019年9月27日(金)
■時間 14:00 ~ 17:30(開場13:30~)
■場所 新宿NSビル 30階NSスカイカンファレンスホールA・B
【参加無料】申込締切:9月24日(火)  





【危機管理防災学会シンポ】土砂災・水害への備えを議論 避難確保計画の策定率を100%に
「建設通信新聞DIGITAL」にてご紹介いただきました。





参加お申込み





参加のお申込みは、下記リンク先の参加申込書をFAX、または同じ内容を記載したメールをお送りください。





FAX:03-6311-8035
E-mail:bosai_sympo2019oriconsul.com





参加申込書





プログラム





開会挨拶  市川 宏雄  日本危機管理防災学会会長





Ⅰ部 基調講演
 佐々木重光 岩手県岩泉町危機管理監 兼 危機管理課長





Ⅱ部 パネルディスカッション
1)話題提供
 岡本 正男  (一社)全国治水砂防協会副会長
 小林 一浩  東京都建設局河川部長
 河村 文夫  東京都奥多摩町長
 垣内 俊哉  ㈱ミライロ代表取締役社長
 中尾 毅   ㈱オリエンタルコンサルタンツ執行役員 防災事業部長
2)ディスカッション
 コーディネーター 中林 一樹 東京都立大学・首都大学東京名誉教授
 アドバイザー   佐々木重光 岩手県岩泉町危機管理監 兼 危機管理課長
 パネリスト    話題提供者全員





閉会挨拶  野崎秀則  ㈱オリエンタルコンサルタンツ代表取締役社長





お問い合わせは当学会事務局ではなく、下記までお願いいたします。
 株式会社オリエンタルコンサルタンツ
  事業本部 防災事業部 木村 03-6311-7863


第45回定例研究会を開催しました


当学会は、明治大学危機管理ガバナンス研究所と共催で、2019年7月17日(水)「第45回定例研究会」を開催しました。当日は、20名弱の方々にご出席いただき、議論が交わされました。ご参加頂いた会員の皆様には厚く御礼申し上げます。

日 程 2019年7月17日(水)18時30分~20時00分
会 場 明治大学駿河台キャンパス アカデミーコモン308F
参加費 無料

講演者 小林良樹(明治大学専門職大学院ガバナンス研究科特任教授)
演 題 日本のテロ情勢と課題~2020年とその後を見据えて
要 旨 2020年の東京オリンピック等を控えた当面の日本をめぐるテロ情勢を概観します。あわせて、テロ対策をめぐる将来的な課題、特に「安全と権利自由の両立の在り方」等に関しても問題提起を行います。