活動内容

最近の活動

「第17回研究大会」を開催しました

当学会は、2023年11月4日(土)「第17回研究大会」を開催しました。自治体職員や防災業務に従事する方々を中心として、60名を超える方にご参加頂き、防災DX、関東大震災100年、危機管理広報に関して議論頂きました。ご参加頂きました会員の皆様に御礼申し上げます。




プログラム





「第17回研究大会」
日 程 2023年11月4日(土)10時~18時
参加費 無料
会 場 明治大学駿河台キャンパス リバティタワー7階 1073/1074教室





https://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html




◆開会挨拶 10時00分





◆共通論題 10時00分~12時30分





「防災DX」
 司会:小林秀行(明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授)
*基調報告
・甲斐一洋(国土交通省 都市局 都市政策課 デジタル情報活用推進室長)
「都市局が提案する防災DXに向けたソリューションと可能性」
・神原咲子(神戸市看護大学 基盤看護学 災害看護・国際看護学 教授)
「人間・健康・看護の視点から見る防災DX」
・作野裕司(広島大学 大学院先進理工系科学研究科 准教授)
「防災DXとしてのリモートセンシングデータの利活用-西日本豪雨を教訓として」
・中尾毅(オリエンタルコンサルタンツ 執行役員 流域管理・保全事業部長 兼 防災事業部長 兼 CSE・JSTEC連携担当)
「DXによるリスクコミュケーションの充実」
*討論・質疑応答





◆昼休み 12時30分~13時30分





◆分科会Ⅰ・Ⅱ 13時30分~15時30分





分科会Ⅰ「 関東大震災100年:首都直下地震から震災関連死をゼロにする「避難生活」の確保 」
*基調報告
①「主題説明:避難生活で震災関連死ゼロに出来るか?」中林一樹(東京都立大学名誉教授)
②「自立生活圏の確立で震災関連死ゼロを目指す(仮)」加藤孝明(東京大学生産技術研究所教授・東京大学社会科学研究所特任教授)
③「避難所の革新的改善で避難所での関連死をゼロに」平木繁(国立研究開発法人社会技術振興機構 社会技術研究開発センター企画運営室 主任専門員)
④「災害研究・被災者支援活動の視点からの避難所環境改善に向けた論点」市古太郎(東京都立大学 都市環境学部 都市政策科学科 教授)
*討論・まとめ





分科会Ⅱ 「一級危機管理士セッション」
司会:市川宏雄(日本危機管理士機構理事長)
報告者:
・小松剛(伊那市危機管理課・係長)「地域防災力強化への挑戦」
・高村和哉(中野区文化・産業振興担当部長)「未曽有の危機における自治体広報」
・深田秀実(小樽商科大学社会情報学科・教授)「津疑似的津波避難ビルにおける屋内階段歩行の上昇特性分析」





◆分科会Ⅲ 15時45分~17時45分





分科会Ⅲ「危機管理広報
・司会:市川宏雄(日本危機管理防災学会会長)
*基調報告
①国枝智樹(上智大学 文学部新聞学科 准教授)「危機管理広報の実務と研究の発展」
②古字朗人(SOMPOリスクマネジメント株式会社 危機管理コンサルティング部 上席コンサルタント )
「事例から見る危機管理と有事広報~その備えとは?~」
③浅見隆行(アサミ経営法律事務所・弁護士)
「目的意識のある戦略広報の実践」 
*討論・質疑応答





以 上


「2023年度通常総会・第54回定例研究会」を開催しました


当学会では、2023年10月5日(木)に「2023年度通常総会・第54回定例研究会」をオンラインで開催しました。 G72災害支援プロジェクト代表の有馬朱美様に「初動72時間・災害時の社会的責任を果たす為の『備え』」について講演いただきました。当日は40名を超える参加者があり、災害時の物の支援の現状と課題について意見の交換がなされました。講演いただいた有馬様、ご参加いただきました会員の皆様に御礼申し上げます。









「2023年度通常総会」
■日 程:2023年10月5日(木) 18:20~18:30
■テーマ:2023年度予算案ほか

「第54回定例研究会」
■日 程:2023年10月5日(木) 18:30~20:00
■講 師:有馬朱美様(G72災害支援プロジェクト代表)
■テーマ:初動72時間・災害時の社会的責任を果たす為の『備え』





以上


シンポジウム「国難的巨大震災を乗り越える事前復興~国土の創造的復興へ~」を開催しました


当学会は、2023年9月5日(火)シンポジウム「 国難的巨大震災を乗り越える事前復興~国土の創造的復興へ~ 」を開催しました(事務局:株式会社オリエンタルコンサルタンツ)。自治体職員や防災に携わる方々を中心として、多くの方にご参加頂き、関東大震災から100年という節目もあり、地震災害に対する取組みへの意識の高さが確認されました。
なお、当日の様子につきまして、以下みらクルTV – YouTubeに公開されておりますのでご視聴いただければ幸いです。






https://youtu.be/4Mlxp3Ls4rY




【シンポジウムの概要】





■開催趣旨





関東大震災から100年となる今、政府、都道府県、市区町村および国民・企業が取り組むべき「準備する事前復興」や「実践する事前復興」など、「100年後のレジリエントな国土づくり」へ向けた戦略的展望やその基本的方向について、我が国を代表する防災の学識者4名が語り合うことを目的に開催されました。





■シンポジウム内容





市川宏雄 日本危機管理防災学会会長による開会挨拶の後、第Ⅰ部では、4名の方から次の報告がありました。
・主題報告  「国難的巨大震災を乗り越える事前復興とは」
中林一樹 東京都立大学・首都大学東京名誉教授・中越防災安全推進機構理事長
・基調報告① 「南海トラフ地震に対峙する西日本の事前復興」
河田惠昭 京都大学名誉教授・関西大学社会安全研究センター長・人と防災未来センター長
・基調報告② 「南海トラフ地震に対峙する中部圏での産官学民連携と事前防災」
福和伸夫 名古屋大学名誉教授・名古屋大学減災連携研究センター特任教授
・基調報告③ 「首都直下地震の正体と多様な事前復興」
加藤孝明 東京大学生産技術研究所教授・東京大学社会科学研究所特任教授
そして第Ⅱ部では、第Ⅰ部の報告を踏まえ、加藤孝明 東京大学生産技術研究所教授・東京大学社会科学研究所特任教授をコーディネーターとして、「最大限の事前防災としての国土強靱化について」、「東京一極集中問題について」、「事前復興による創造的国土づくりについて」、「国難的巨大震災を乗り越えるために政府、地方公共団体、企業、国民がなすべきことについて」を論点にしたディスカッションが行われました。
コーディネーターより、国難的巨大震災を乗り越えるためには、既成概念や価値観を問い直す必要があり、例えば、復興・防災を統合的な枠組みとして再構築すること、連続性+時間的・空間的な俯瞰力をもって目標や取組みを検討すること、東京―地方/公―民など新たな関係や連携を創出することが必要であると総括がありました。
最後に、野崎秀則 株式会社オリエンタルコンサルタンツ代表取締役社長の挨拶で閉会いたしました。