第47回定例研究会及び2020年度通常総会オンライン開催のご案内

会員各位

日本危機管理防災学会会長 市川宏雄

謹啓 時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます

さて、政府より緊急事態宣言が全国的に解除されましたが、依然として第二波への懸念も含め、新型コロナウィルス感染症の拡大リスクは高い状況にあると考えられます。

ついては、慎重に検討した結果、延期となっております2020年度総会及び第47回定例研究会につきまして、ZOOMを用いたオンライン開催とすることと致しました。何とぞご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

参加を希望される方は、恐れ入りますが、以下の申し込みフォームよりお申し込みをお願いいたします。会員の皆様のご参加をお待ちいたしております。

謹白

■日 時:2020年7月15日(水)18時30分~20時00分

「2020年度総会」(18:20~18:30)
■議 題:2019年度決算、2020年度予算など

「第47回定例研究会」(18:30~20:00)
■演 題:概念としての「災害復興」―災害復興はいかに考えられるか―
■講演者:小林 秀行(明治大学情報コミュニケーション学部専任講師)
■要 旨:気候変動の激化のなかで、近年、災害からの回復をいかに考えるかという問いへ、多くの国々が対応を迫られつつある。我が国は災害の経験を蓄積してきているが、災害復興のあり方はそれぞれの社会において多様であり、当然、日本における「災害復興」が唯一の方法論であるわけではない。本報告では、こうした問題意識から、世界における「災害復興」を通して、日本社会は「災害復興」という概念をどのようにつくり上げてきたのかという点を、あらためて考えてみたい。

申し込みフォーム  2020年7月12日23時59分締め切り (2020/7/11追記)

※申し込み時に入力いただいたメールアドレスに、ZOOMの視聴アドレスをご案内します。

以上

一覧へ戻る